保守点検

MAINTENANCE

保守点検

特別高圧・高圧・低圧配電盤点検

送電の主要回路が集中する配電盤は、受変電設備の要となる重要な機器です。
設置箇所の環境と適切な保守点検を定期的に実施しているか否かによって、配電盤の持つ本来の機能と性能維持の期間が大きく変わります。
高温多湿の過酷な環境に設置されている配電盤では、保守点検の意義は更に重要になってきます。
配電盤取り付け器具の経年劣化や主回路の絶縁支持物の汚損に伴う吸湿による絶縁低下が要因となって起こる短絡や地絡。
盤面取り付け器具の経年劣化や継電器・操作開閉器類の接点の接触不良、動作不具合による器具や計測・制御回路の焼損。
その他 運用障害に発展し得る異常がないか点検します。
私達は保守点検を通じて より安全な電気設備の運用をお客様にご提案します。

絶縁抵抗測定

絶縁抵抗測定は受変電設備点検の中で最も簡潔的かつ、効果的に設備の状況確認が行える測定試験です。
安全な電気設備運用に於いて一定水準以上の絶縁抵抗値の確保は欠かせません。
配電盤点検時には、作業の一環として絶縁抵抗測定を実施しています。
配電盤や収納機器の絶縁低下が発見された場合には、該当部位の部品交換を推奨します。
また 必要とあれば絶縁低下を招いている原因を可能な限り追求し、適切な対処法をご提案します。
ご要望に応じて低圧幹線・低圧分電盤の絶縁抵抗測定を実施します。

接地抵抗測定

接地抵抗測定は、重要な測定試験です。
電気設備は電位の安定している大地と電路を電気的に接続する事により、数々の恩恵を受ける事が出来、かつ安全に電気設備運用を行えるのです。
適切な接地抵抗値の管理は、安全な電気設備運用の第一歩といえます。
当社では、電気三法の規格・基準値に基づき接地抵抗の測定を行い良否判定を行います。
ご要望に応じて受変電設備用途以外の接地極の測定も行います。
お問い合わせください。